検索する女性の写真

ホームページ制作のNUTS-BEE.COMです。少しSEOのことを書いてみようと思います。
Web担当者フォーラムからの記事です。

「2018年のSEOで、titleタグの最適化なんて意味ないよね?」

世界最大の掲示板Redditへの投稿で「検索ランキングにはtitleタグとかmeta descriptionは検索ランキングに関係ないから、役に立たないよね。」という投稿に対するお話です。

この中で出てくるtitleタグとはホームページの各ページのページタイトルを設定するための言葉です。ここに適切に検索キーワードを盛り込むと検索ランキングが上昇する傾向にあるということでホームページの制作時に頭を悩ます部分でもあります

このtitleタグの検索ランキングへの影響度が弱くなってきたからもう役に立たないよねという投稿がなされたようです。

確かに検索ランキングだけを考えたらそうかもしれないです。でもちょっと待って、「titleって検索ランキングのために設定するの?」ということです。

ホームページのtitle(タイトル)は、そのページに何が書いてあるかを適切に閲覧者に伝えるものです。ページの中身を適切に伝え、ユーザーが探している情報がそのページにありそうだということを伝えるものなんですね。そこを考えるとtitleをおろそかにすることはできないとういことになります。

titleで検索ランキングが上下し右往左往するようなSEO対策はすたれ、ページの中身(コンテンツ)を重視する用になってきていますし、AIが進化するその傾向はどんどん進んでいくはずです。

誰のためにホームページを作り、情報を伝えるのかと言うのが大事だということだと思います。